HSBC香港で口座を保有する理由 - 香港カラフルFP

Home »  コラム »  HSBC香港で口座を保有する理由
2014年9月2日 コラム

HSBC香港で口座を保有する理由

前回の記事で、オフショアにて銀行口座を保有するメリットをご理解いただけたかと思います。次に、なぜHSBC香港上海銀行での口座保有することで、どのようなメリットあるのかについて、見ていきたいと思います。

(1) 高い信用力で安全なHSBC香港上海銀行

HSBC香港上海銀行が属するHSBCグループでは、世界各地で銀行業務ならびに金融サービスの提供を行い、世界有数の金融グループとなっています。HSBCグループは、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、アメリカ大陸、中近東、アフリカの80を超える国と地域に約7,200の拠点を構え、国際的なネットワークを有しています。

HSBCグループの持株会社であるHSBCホールディングスは、ロンドン、香港、ニューヨーク、パリ及びバミューダの各証券取引所に上場しています。時価総額では、シティグループ、バンク・オブ・アメリカに次いで世界第3位の規模、ヨーロッパでは第1位の規模となっています。

HSBCグループの信用格付はというと、ムーディーズがAa3、S&PがA+という高い格付けを与えています。よって、HSBCは規模、信頼度ともにある銀行であると言え、日本の銀行の比ではありません。

また、HSBC香港上海銀行は香港ドル紙幣発券銀行でもあり、香港では知名度、信頼度ともに高い銀行となっています。

あなたの大切な資産を守る方法の一つである場所の分散を行うにおいて、世界的にも信頼できる銀行であるHSBC香港上海銀行は、その選択肢にすぐに上がってくるのは必然と言えます。

(2) マルチカレンシー口座:1つの口座で主要国通貨を保有

大切な資産を守っていく上で、日本円だけの1通貨で持っておくのではなく、複数の通貨で分散して資産を保有しておくことも重要です。通貨の分散を行う上でも、HSBC香港上海銀行の口座は非常に重要な役割を果たします。

HSBC香港上海銀行の口座は、その口座1つで11種類の主要国通貨を保有・管理することが出来るマルチカレンシー口座となっています。同じ口座において、この11通貨の通貨を預金、各通貨への両替も出来るようになっています。

HSBC香港上海銀行で取扱の通貨
オーストラリアドル AUD (Australian dollar)
カナダドル CAD (Canadian dollar)
ユーロ EUR (Euro)
シンガポールドル SGD (Singapore dollar)
スイスフラン CHF (Swiss franc)
米ドル USD(US dollar)
ニュージーランドドル NZD (New Zealand dollar)
イギリスポンド GBP (British Pound)
タイバーツ THB (Thai Baht)
日本円 JPY (Japanese yen)
香港ドル HKD (Hong Kong dollar)
人民元 RMB (Renminbi)

(3) 外貨を外貨のまま出入金・管理できる

HSBC香港上海銀行のマルチカレンシー口座では、外貨をそのまま現金で預入れ、または引出しすることが出来ます。

日本の金融機関だと、外貨は為替手数料がたっぷり乗った両替レートで日本円にしてから、日本円を銀行に預入れすることになります。また、外貨預金していても、そのまま外貨を現金で引出すことは出来ず、こちらも為替手数料がたっぷり乗った両替レートで日本円にすることとなります。

そして、日本で外貨を現金で購入、売却するとなれば、為替手数料はより一層と高くなり、ドル円でも3円ぐらいマージンを取られた両替レートでの取引を強いられることとなります。

しかし、一方、HSBC香港上海銀行の口座では外貨を現金で出し入れすることが出来、外貨を外貨のまま管理できます。日本のように無駄に高い手数料を取られていく理不尽な状況に置かれることはなく、複数の通貨で資産を持つにあたり、理想的な環境であると言えます。

(4) 割安な海外送金手数料

HSBC香港上海銀行では、インターネットバンキングを利用して海外送金すると、100 香港ドル(約1,500円)という手数料で行うことが出来ます。一方、日本の銀行から海外送金を行うと、5,000円程度の送金手数料が徴収されますので、HSBC香港は割安な手数料であることが分かるかと思います。

(5) 充実の機能を持つインターネットバンキング

HSBC香港上海銀行は、インターネットバンキング機能が充実しています。そのため、香港にいなくてもほとんど全ての口座操作をオンラインで済ませることが出来、海外投資を日本を含め、海外から行い人にとって、大変利便性の高いものとなっています。

インターネットバンキングで提供されている機能は、残高照会や外貨両替をはじめ、海外への送金指示、定期預金などが含まれています。また、投資口座を開設していれば、香港株や投資ファンドの売買もオンラインで行うことが出来ます。

また、HSBC香港は利用者も多い為、インターネットバンキングの利用方法などがインターネットでも多くの方が情報を公開しており、参考にすることが出来ます。

(6) HSBC香港を海外投資のハブとして利用する

HSBC香港上海銀行で口座を開設する最大の理由は、海外投資のハブとして利用する為です。上記のように、HSBC香港は外貨の入金や送金を行う上で優れており、フレンズプロビデントやスタンダードライフやアジアス、サンライフなどといった人気の積立投資を行う際に、積立金の送金や引き落とし、満期時の投資資金受取の際に、利便性の高いHSBC香港の口座を支払口座として、利用することが出来ます。

また、積立投資を行うに際し、毎月の積立金支払いをクレジットカードでする方が多いかと思いますが、HSBC香港の銀行口座からの引落しに切り替えて支払うことも出来ます。これを利用して、円高の際にはクレジットカードで積立金を支払いつつ、まとまった日本円をHSBC香港の口座に移し、円高で有利な為替レートで香港ドルに両替を行い、一旦、円安になると、円高時に有利な為替レートで両替しておいたHSBC香港の口座内の香港ドルから月々の積立金支払いを行う、という運用を行うことが出来ます。

(7) 世界各地のATMから引き出せる現金

預け入れたお金は世界中にあるATMから引出すことが出来、HSBC香港の口座から香港でも、アメリカでも、ヨーロッパでも現地通貨で引出すことが出来、とても利便性が高いです。海外によく出掛ける方であれば、多くの現金を絶えず携帯せずに、必要な時に必要なだけ現地通貨を引出す、安心・安全です。

もちろん、日本のATMからも日本円を引き出すことが出来、ゆうちょ銀行やセブンイレブンにあるセブン銀行ATM、都市銀行のATMなどを利用することが出来ます。香港まで足を運ばなくても、口座から出金出来るのも、急に要り用になった時も心強いと思います。

香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座