香港で法人設立 - 香港カラフルFP

  香港で法人設立 香港で法人設立Corporate Registration

カラフル・ファイナンシャル・プランニングでは、お客様の香港法人設立をサポートしております。

香港法人を設立するメリット

・法人税が16.5%という低税率
・キャピタルゲイン非課税
・高水準の物流・通信・交通インフラ
・充実した投資環境
・中国市場への窓口

香港法人設立サポート料金

料金 10,000香港ドル

お申込から香港法人設立までの流れ

お問合せフォームより、「香港法人設立」を希望の旨をお知らせ下さい。
担当者より詳細をご連絡させていただきます。

香港法人設立のメリット

香港法人設立のメリット:低税率

香港で法人設立する一番のメリットは、その低税率な税制ではないでしょうか?
法人税は16.5%となっており、日本の法人税比べると半分以下となっており、大幅な節税が見込まれます。

また、不動産や株式売却に伴うキャピタルゲインや、利息や配当といったインカムゲインといった投資に関する税金は非課税となっており、投資の運用益にかかる税金がない為、有利な投資運用が出来る環境となっています。

日本では損金に出来る金額に限度がある、もしくは一切損金算入することが出来ない接待交際費も香港では全額損金算入することが出来るなど、その他の面でも日本の税制に比較して、有利な点を数多く利用出来ます。

香港法人設立のメリット:自由で高い競争力のビジネス環境

香港は貿易取引上の規制が少ない自由港として、これまでめざましい発展を遂げてきました。その背景には、為替管理規制が無く自由な資金移動が可能、ごくごく少数の品目に課税が限られる関税、旧宗主国イギリスの法律が適用される国際的に通用する法制度といった点を挙げることが出来ます。

また、空港・港湾施設など世界でも屈指の物流インフラを有しており、英語・中国語を自在に使えるスタッフや会計士・弁護士、資金決済に欠かせない金融機関の充実といったソフトインフラも高水準で揃っており、国際貿易を行う絶好の条件が揃っています。

その為、実際の貨物は経由しないが、書類と資金決済において香港を経由する三国間貿易(オフショア貿易)の拠点としても多く活用され、東南アジア・中国本土のビジネスを管轄する地域統括会社を香港で展開する企業も多くあります。

香港法人設立のメリット:中国への窓口

中国本土との企業との取引、中国市場への参入を考えられている方も、香港法人を効果的に活用することが出来ます。

香港では、銀行や会計士などの周辺サービスが充実、また、中国本土の取引にも精通していることもあり、日本国内から直接中国本土の企業と資金決済や契約するよりも、スムーズに手続きを行うことが可能になります。

香港法人設立のメリット:簡便な法人設立手続き

香港法人の設立は簡便な手続きで行うが出来、資本金もわずか1香港ドルから設立が可能となっています。

役員である取締役と株主が各1名づつ必要ですが、株主と取締役ともに同一人物でも構わない為、1人で役員と株主となれば、1名で会社の設立が可能です。

また、株主・取締役の人数、国籍や居住場所等の制限はありません。
会社の登記住所を香港内に定める必要がありますが、必ずしも事務所を借りる必要はなく、住所だけを借りて、登記住所とすることも可能です。