養老保険・個人年金 – 低いリスクで始める海外投資 - 香港カラフルFP

養老保険・個人年金 – 低いリスクで始める海外投資

日本の銀行の預金金利が1%を大きく下回り、まとまった資金を定期預金に預けても、思うような利回りでの資産運用は出来ないのが実情です。
海外での資産運用と聞けば、リスクが高い、というイメージがあるかもしれませんが、元本保証という低いリスクでありながらも、年利4%近くのリターンで運用できるオフショア養老保険から海外投資を始めることが出来ます。

一方、日本の保険会社で同じような商品だと、利率1%ほどしかありません。この数字では、利息も少なく、投資する魅力はそこまでありません。
他にも日本での元本保証の運用商品として代表的なものの利回りはほぼ無きに等しい数値となっています。

【日本での資産運用 比較】

普通預金 0.02%
定期預金 0.026% (スーパー定期300万以上)
10年国債 0.42%
(出典 : Yahoo!ファイナンス http://money.yahoo.co.jp/rate/ )
(出典 : 財務省個人向け国債 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/ )

では、どうして、日本では1%を切るほど低く、香港では4%ほどといった利回りの違いが出て来るのでしょうか?

海外の保険が高利回りの理由

皆さんが保険料を払い込み、そして、それを原資として運用されていきますが、それと同時に、保険会社の経費も差し引かれます。そして、保険契約が満期、または解約する時に、解約返戻金として払い戻されます。

これは以下の数式で表すことができます。
・解約返戻金 = 払込済保険料 – 保険会社費用 + 運用益

まず1つ目の理由が、保険会社費用
人件費をはじめとする日本の金融機関の経費の高さが理由の一つとして挙げることが出来ます。

次に、運用益
日本の生命保険会社各社は日本国債の大きな引受先となっている機関投資家です。
生保各社の運用資産に占める国債の比率は40%近くと大きな割合を占めています。その国債の利回りはというと、10年もので0.6%、20年もので1.5%という低い利回りになっています。

( 参考URL:http://www.bloomberg.co.jp/markets/rates.html )

一方、海外の保険会社では、米国債をはじめとする良い利回りの金融商品での運用を行っています。この違いにより、日本の保険は保険料が高く、解約返戻金もなかなか増えない、一方、海外の保険は保険料の安く、解約返戻金も早いペースで増えるという結果につながっています。

海外養老保険の特徴

高い利回りの他にも、海外養老保険の概要を見ていきましょう。

他に大きな特徴としては、元本保証となっているところです。これは日本の保険と同じですので、元本保証となっているのは至極当然のことかもしれません。

次に保険料の払込をする積立期間ですが、一時払いも出来ますが、5〜10年ほどと比較的短い期間で積立を終えることが出来ます。
プランにもよりますが、積立を始めて数年目から養老金の支払いが始まります。また、この他に年間配当もあり、保険口座から引出しをせずに、資金を寝かしておけば置く程、より大きく財産を育てることが出来ます。

そして、保障期間が被保険者が100歳までカバーと長いことも特徴です。
この特徴を活かした運用としては、年齢の若い子供さんを被保険者にすることがあげられます。払込期間が過ぎても、被保険者であるお子様が最高100歳になるまで、ずっと長期間にわたって運用されます。これにより、より有利に資産を大きくすることが出来ます。

海外養老保険の具体例をケーススタディで見てみましょう!
海外養老保険に関するお問い合わせはお気軽にどうぞお寄せ下さい。