投資目的とリスク許容度 - 香港カラフルFP

投資目的とリスク許容度

投資の第一歩は、投資目的の形成であるべきです。投資目的について聞かれた時に、多くの投資家の方は、お金を増やしたい、と言われることでしょう。そして、どれくらい増やしたいと聞かれると、多ければ多い程、良い、と答えられるでしょう。しかしながら、この回答は十分なものとは言えません。

投資目的は、投資家の方の個人的な要望、リスク許容度と投資の制約を考慮した上で、具体的であり、現実的である必要があります。個人的な投資リターン目標は絶対的、または相対的なパーセントで表すことも出来ます。例えば、投資目的は年平均15%を達成する、または、今後10年に渡り、インフレ率の1%上を目指す、ということになります。また、一般的な到達点の形でも表すことが出来、例えば、資産価値上昇、資産保護などです。

投資目的を設定する中で、リスク許容度はとても重要な要素です。リターンはリスクに応じるといったトレードオフの関係を見ましたが、高いリスクには高いリターンが付いてきます。リスク許容度を理解することが、現実的な投資目標を設定する前に必要になります。

リスク許容度とは、期待しているリターンを増やすにあたり、投資家が取ることが出来る損失の最大量です。個々の投資家が、更なるリターンを高める機会の為に、投資において、おかす準備があるリスクの度合いであるリスク許容要素を持っていると言われています。同じリターンを持つ投資案件が2つあるとして、より多くのリスクを持つ投資よりも、より少ないリスクの投資を好む投資家は、リスク回避型投資家として知られています。

リスク許容度に応じた投資家の標準的な分類はこのようになります。

  • 消極的:高いリターン率よりも、資産保護により関心がある投資家です。リスク回避型投資家としても表現されます。
  • 積極的:リスクを受け入れ、より良いリターンの機会を求める準備がある投資家です。リターンの変動と、短期的には損失を被ることもあります。
  • バランス的:その中間。リスクの程度が受容できるのであれば取るが、資産の保護が重要であることは変わらない。

一般的には、人生のステージ毎によっても、リスク嗜好性が異なります。年齢を重ねるにつれ、投資家の投資戦略はいつも新しい目標や環境に合うように調整されます。一方、個人のリスクをとれる能力もリスク許容度に影響します。一般的に、より多くの資産を持つと、少ない資産保有者に比べ、より高いリスクを許容できるようになります。

投資家の方がご自身のリスク許容度を計ることが出来るテストが多く開発されています。投資の前に、許容度をより良く理解する為に、そのようなテストを受けてみるのも悪くない考えです。