投資リスク管理のテクニック - 香港カラフルFP

投資リスク管理のテクニック

金融機関で行われるリスク管理の日常的なオペレーションで見られるリスク管理の実践的なテクニックをいくつか見ていきます。

リスク管理の実践的なテクニック

時価評価

時価を反映して、担保価値の再評価を行うプロセスです。例えば、先物取引業者では顧客のポジションを定期的に評価し、メンテナンス・マージンを切っていればマージン・コールを行います。市場で大きな動きが有る時には、特に頻繁に時価評価が行われます。

限度の設定

取引限度の設定により、市場リスクを制限することが出来ます。例えば、ストップ・ロスは事前設定した損失レベルが発生した際に、ポジションを流動化することによって、損失を制限する一般的なテクニックです。

ヘッジ

先物取引において好ましくない値動きがある際には、デリバティブを用いてヘッジすることで、その影響を最小化することが出来ます。例えば、市場での短期的な下落調整を見通している際は、株式先物指数をショートすることで、ポートフォリオ価値の下落に対してヘッジすることが出来ます。株式市場が下落した際には、株式先物指数からの利益により、ポートフォリオ価値における損失を相殺することが出来ます。