不動産 - 香港カラフルFP

不動産

不動産投資は1997年に不動産市場のバブルが弾けるまでは香港において最も良い投資の一つでした。1991年から1997年にかけての不動産ブームの期間には、不動産価格が何倍にも大きくなりました。しかし、その後の短期間に50%を超える下落を経験しました。

不動産投資はいくつかの形式で行うことが出来ます。最も一般的な形式は不動産賃貸です。不動産賃貸では、投資家はアパート、家屋、店舗や事務所を頭金で購入し、家賃収入でローンとその他の費用をまかないます。同時に不動産賃貸はキャッシュフローの機会と不動産市場価格の上昇によるキャピタルゲインの機会の両方を提供してくれます。

もう一つの不動産投資の形式はアパート、家屋、店舗や事務所、他に土地を購入し、それを後々に売却し、利益を得るものです。この投資も不動産ローンで資金を調達することが出来ます。

不動産投資の長所

不動産投資における長所は以下の通りです。

  • 値上がりによりキャピタルゲインを得ることが出来る
  • インフレーションに対するヘッジ策となる
  • 不動産ローンの利用によりレバレッジ効果を得られる
  • 所有権を有する誇りを持つことが出来る

不動産投資の短所

しかしながら、投資手段として、このような短所も持ち合わせています。

  • 価格変動性やリスクが高い
  • 取引費用が高い
  • マーケットの流動性が乏しい
  • 管理面の問題を生じる
  • 必要となる金額が高い
  • 賃貸する際の利回りが低い