生命保険と年金 - 香港カラフルFP

生命保険と年金

米国の生命保険内務経営協会(Life Office Management Association, Inc.)によると、生命保険を次のように定義されます。
「保険会社が被保険者の死亡に際して給付金を支払う約束を行っている保険証券」

生命保険と年金

生命保険

生命保険の主要なタイプ

主要な種類の生命保険は以下のようにまとめることが出来ます。

定期保険

定期保険は特定の期間にのみ保険を提供するもので、一時的保険と説明されることもあります。被保険者が特定の期間内に死亡し、死亡時に保険証券が有効である場合にのみ、保険金の給付が行われる。

養老保険

養老保険では、定められた期間が終了する際、または期間終了前に被保険者が死亡した時に、額面金額の支払いを提供するものです。もし、被保険者が特定期間を生存して過ごした場合、保険が満期を迎えた、と言います。

終身保険

終身保険は被保険者の生涯に渡って継続するように設計された保険です。基本的な生命保険の特徴は、いつでも被保険者が死亡した際に額面金額が支払われ、被保険者の死亡を前に支払いが行われることはありません。

ユニバーサルライフ保険

ユニバーサルライフ保険は、基本的には生命保険であり、以下の特徴を有しています。
・保険料の柔軟な設計が可能となっている
・保険給付の内容を調節できる
・経費やその他費用が保険購入者に公開される
・現金価値を積み立てることが出来る
・保険だけにのみ要する費用、投資利益と保険会社の経費を別々に保険契約者に公開される

生命保険の投資手段としての長所

・不測の事態に対する補償が得られる
・(定期保険を除き) 長期投資に適している
・早過ぎる死亡により生じる収入を失うことに対する補償が得られる
・リスクが低い
・(定期保険を除き) 特定の目的の為の資金積立が出来る

生命保険の投資手段としての短所

・現在の現金収入が減少する
・利回りが低い
・生命保険契約時に保険対象となる権益が必要
・柔軟性がない
・投資対象となる資産の所有権を有することが出来ない
・保険契約の可否が保険会社の引受判断次第である

年金

年金は、一括か数回にわたって支払った保険料に対して、一生涯か定められた期間または条件にて、年金受取人に対して、定期的に継続的に行われる現金の支払いのこと。

例えば、今日、150万ドルを支払い、年金を購入します。そして、その見返りに、年金が12年にわたり、年金として毎月1万ドルを受取ります。

年金の特徴

年金に関して見ておきたい特徴は次の通りです。

即時開始年金

即時開始年金は通常保険料の一括払いで購入され、購入後すぐに、1回目の年金支給が行われます。

据置年金

据置年金では、年金の支払いが特定の時期、または年金受給者が特定年齢になった際に、年金の支払いが始まります。

その他派生形の年金

数多くの派生形の年金が存在しています。一例としては、決められた年数のみの支払いを行う年金です。もし、年金支給期間中に年金受給者が死亡してもしなくても支給が行われる年金は確定年金と呼ばれます。その他の形態としては、受給者の生存や死亡に関わらず、少なくとも決められた年数は年金支給が行われ、受給者がその年数よりも長く生存するもその死亡時まで支給が続く年金があり、これは保証年金と呼ばれます。

年金の投資手段としての長所

・安定した現金収入
・退職者に適している
・長期投資に適している
・予想以上に長生きする際に生じる収入不足に対する補償となる
・将来の特定目的に向かっての資金積立
・定期的かつ保証された収入
・低いリスク
・財務形成が上手く行かなかった場合のヘッジとなる

年金の投資手段としての短所

・もし、インフレーションが発生すると、決められた金額の収入では購買力が低下してしまう
・年金受給者が年金支給期間よりも長生きするかもしれない
・利回りが低い
・短期間で見ると流動性が低い
・年金の投資対象となっている資産に対する所流権を有することが出来ない
・柔軟性に乏しい