M&Aブームで力強い医療ヘルスケア銘柄 - 香港カラフルFP

Home »  マーケット・ニュース »  M&Aブームで力強い医療ヘルスケア銘柄

M&Aブームで力強い医療ヘルスケア銘柄

医療ヘルスケア企業はテーマが豊富であり、投資マーケットに多くの機会を生み出している。その内、業界の吸収合併は最近目にするテーマとなっている。M&Aブームが盛り上がり、業界自体の成長には良い見通しがあり、医薬ヘルスケア株の動きにとって好材料となっている。医薬、バイオテクノロジー業は注目に値し、医療設備銘柄も魅力的である。

世界経済が持続して着実に回復し、企業の収支状況も改善している。これが商業活動の見通しに対する信頼を徐々に回復させ、現在の利息はまだ低い水準にある。企業の再融資コストも下降しており、M&Aに理想的な環境を作り出している。医薬ヘルスケア業界は近年に特許の崖の衝撃に直面している。高額となる新薬開発費用を考慮し、多くの企業は新薬開発ではなく、M&Aを通じて、成長目標を達成しようとしている。

全世界でM&A吸収合併は1兆米ドルを超える

今年の第1四半期における全世界のM&A活動は総額で既に7100億米ドルに達し、前年比で54%増と大きく増えた。ヘルスケア業界におけるM&Aブームはますます盛上がる中、年初から4月26日までの期間で、全世界のM&A費用は更に上昇、1.1兆米ドルに達し、1980年以来の記録上、3度目の1兆米ドルの大台を突破となった。

業界のM&Aブームにより、医薬ヘルスケア銘柄がおしなべて上昇、この他、新薬の導入、技術革新、製品責任訴訟、政府のルール改変、管理監督部門の審査とライセンス発給などのテーマがあり、株式市場全体では相対して、医薬ヘルスケア銘柄には比較的大きな機会がある。

ファンド運用会社ブラックロックによると、公共事業、金融、テクノロジー等の10の業界を含む株式銘柄において、医薬ヘルスケアの個別銘柄のリターンはトップを占め、87.6%となっており、医薬ヘルスケア以外の平均値である50.2%より高く数値となっている。業界の見通しが良いと見る投資家は、医薬ヘルスケア銘柄の中から魅力的な投資チャンスを発掘することは難しくないと思われる。

製薬、バイオテクノロジー、医療設備、医療サービス、ヘルスケアとライフサイエンスは、医薬ヘルスケア業界の6大産業サブグループである。その中で、製薬とライフサイエンス業界のイノベーションサイクルは上昇する傾向にあり、より多くの新薬物質を市場に出し、以前はまだ満たされなかった需要を満たすと考えられ、良い見通しである。

需要を満たす新薬開発を推進

製薬業界は世界で進行している高齢化による恩恵を享受することが出来る。多くの疾病が長年にわたり積み重なった結果、最終的に高齢となった際に爆発する。これも65歳以上の人口による医療費支出が若年層に比べて、遥かに多い理由である。

バイオテクノロジーも同様に高齢化の恩恵を受け、また、数多くの企業の技術はますます成熟してきている。製品は米国食品薬品管理局(FDA)の認可を経て、企業はようやく長年にわたる研究開発の努力を実際の収入とすることが出来る。そして、将来の利益成長と、株価評価の向上とつながる。

医療設備株式銘柄も見通しが明るい医薬ヘルスケア業界の産業サブグループの一つである。高齢化が進み、聴覚や視力、関節等の機能が退化する。その為、補聴器や、視力矯正、関節を代替する機器といった関連医療機器や設備に大きな需要が出て来る。優良な医療設備の新製品を導入する企業には成長の見通しがあり、利益上昇も期待出来る。

香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座