アメリカにおける低利息が終了 徐々に色褪せる債券ファンド - 香港カラフルFP

Home »  マーケット・ニュース »  アメリカにおける低利息が終了 徐々に色褪せる債券ファンド

アメリカにおける低利息が終了 徐々に色褪せる債券ファンド

アメリカで徐々に市場政策が終了し、利率が上昇し、債券ファンドには向かい風が空くのか、今後将来的に投資の価値があるのかどうか、考えていきましょう。

債券ファンドや定期収入ファンドと呼ばれるものは、政府、公営団体、銀行、商業団体や多角国家団体(世界銀行など)が発行する債券から安定的な利息やクーポン収入を得、また、債券自体の売買からも利益を得る投資を行います。債券価格は利率の変動、為替レートの変動、信用格付の変更による影響を受けます。また、これにより、債券ファンドの価格や利回りも影響を受けます。

債券ファンド投資による中長期的なリターンは安定

一般的に債券ファンドの短期的なリターンは大して高くなく、中長期的リターンになって最も良いパフォーマンスをあげてくる。その為、ある程度保守的に、低リスクで中長期で安定したり単を取りたい投資家に適したものとなっている。

社債は国債に勝るパフォーマンス

アメリカにおける長期的な利率は上昇圧力があり、ヨーロッパは経済成長が相対的に弱く、今年は継続して利下げがあるだろうと予想される。日本においては、4月から新たな消費税税率が施行されてから、経済データが悪化しており、中央銀行である日本銀行が更に国債を買い入れるかもしれないと予想され、更なる量的緩和の可能性が高い。

アジアの債券市場はアメリカの通貨政策の影響を受け易く、利率もアメリカの利上げに伴って、上昇していくだろう。この見通しから、債券投資における投資ポートフォリオでは、国債を減らし、社債を増やす方が良いと考える。

債券ファンドを投資ポートフォリオに選ぶ際は、投資家自身のリスク負担能力、投資期間と財務状況を評価行う他に、債券ファンドについても理解をしておきたい。そのポイントとして、ファンドが投資を行う債券市場、地域、業界の分布などをあげられる。これらを理解して、マクロ要因を評価し、その変化がいかなる影響を保有する債券ファンドに与えるのかを把握しておきたい。

債券価格を変化させる要素

一般的に、利率が上昇する時に、債券価格が下落し、債券ファンドの価格も下落することがある。もし、ファンドが外貨建て債券に投資を行っている場合、その外貨が下がる場合に、ファンド価格も下落することがある。この他、ファンドが投資する債券の格付評価が格下げされた場合、債券価格は通常下落し、ファンドの価格下落となることがある。

用語集 – 格付

オフショアファンド積立投資プランで債券ファンドに投資

自分年金を増やすのに最適なオフショアファンド積立投資プランでも、債券ファンドへの投資を始めることが出来ます。オフショアファンド積立投資プランでは、通常2〜5%かかる販売手数料が不要です。

積立投資プランの紹介ページ
積立投資プランに関するお問い合わせはお気軽にどうぞお寄せ下さい。

香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座