日本カジノ法案に支障で取引盛上り。ギャラクシー、サンズは市場に反して上昇。 - 香港カラフルFP

Home »  マーケット・ニュース »  日本カジノ法案に支障で取引盛上り。ギャラクシー、サンズは市場に反して上昇。

日本カジノ法案に支障で取引盛上り。ギャラクシー、サンズは市場に反して上昇。

香港株式市場は昨日も引き続き上昇を見せず、67ポイント下落し、23387ポイントとなり、下落幅は0.29%となった。日本のカジノ法案は国会を通過しておらず、マカオカジノ銘柄はこのニュースで上昇し、銀河娯楽(0027 ギャラクシー)と金沙中国(1928 サンズ)は3.09%、2.3%と上昇し、最大値上幅のブルーチップとなった。

日本の国会は6月22日で終了しており、カジノ法案はその会期内に通過することは出来なかった。会期が8月末まで延長されても、カジノ合法化法案は再び議会が再開するものを待たないとならない。6月のマカオのカジノ収入は増加はしているがゆるかやなものであるが、マカオカジノ銘柄が日本でのカジノ開設に支障とのニュースで取引が盛上がった。銀河娯楽(0027 ギャラクシー)と金沙中国(1928 サンズ)の他に、美高梅中国(2282 MGM)が4.2%、永利澳門(1128 ウィンマカオ)が3.1%、澳門博彩(0880 SJM)が2.81%上昇し、一方、日本のパチンコホールを運営するダイナムジャパン(6889 DYNAM)は2.49%下落し、21.55香港ドルとなった。

電能実業と友邦保険、業績発表前に上昇

電能実業(0006 パワーアセット)と友邦保険(1299 AIA)は今週木曜日と金曜日に業績発表を行い、業績発表シーズンの幕を開ける。両社の株価は0.44%、0.38%と上昇し、終値は68.95香港ドルと39.7香港ドルとなった。

決済関連銘柄として、神州数字銷售(8255 チャイナバイナリー)と関係者が合弁会社を設立し、二次元バーコードでの携帯電話の料金チャージ業務を行う。株価は12%を超える上昇を見せたが、終値は値上がり幅が狭まり、5.2%上昇の1.82香港ドルとなった。創新支付(8083 イノベーションペイ)は9.38%上昇,0.7香港ドルとなった。中策集団(0235 チャイナストラテジック)は先週金曜日に利益警告を発し、中期で赤字から黒字転換する見通しとなり、株価が10.38%も急上昇した。

香港株式市場は今週から業績発表の時期に入っており、また、木曜日にHSBCによる中国製造業購買担当者指数(中国PMI)7月度が公表される為、投資家は業績と経済データの状況を見るため、香港株式市場は少ない動きが引き続き、恒生ハンセン指数は23300と23600ポイントの狭いレンジを上下すると見られている。

この他、中国国家文化(0745 チャイナカルチャーグループ)は昨日15%急上昇した後、取引停止となった。晩になり、大株主が入れ替わる旨の通知が行われた。新しい大株主は中国文化部の元にある国有企業となっている。文化部の影響下にある中国文化芸術(港澳)は現大株主から15億株を購入し、萬伯翱は2.23億株と8億株の普通株式転換権付き優先株を購入する。別の新株主となる胡宜東は約10.11億株の普通株式転換権付き優先株を購入する。株主が変わる他に、国家文化産業は新株発行による資金調達を検討している。

香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座