資金流入の効果を発し、恒生ハンセン指数は今年最高値へ - 香港カラフルFP

Home »  マーケット・ニュース »  資金流入の効果を発し、恒生ハンセン指数は今年最高値へ

資金流入の効果を発し、恒生ハンセン指数は今年最高値へ

資金が持続して香港に流入し、香港株式市場は遂に大きく動き出し、中国株式市場の上昇により、騰訊控股(0700 テンセント Tencent Holdings Ltd)などの重量級の株式銘柄に資金が流入した。恒生ハンセン指数は394ポイントと大きく上昇し、23782ポイントとなり、今年の最高値を記録した。出来高もそれに伴い717億香港ドルまで増えた。しかし、マカオカジノ銘柄はカジノ収益低下が心配され、市場とは反対に下落した。

昨日の香港株式市場は急上昇した。その主要な理由は中国人民銀行が債券買戻しを停止するニュースがマーケットを刺激したことで、香港株式市場はマーケット開始後78ポイント上昇した後、上海総合指数も1ヶ月半ぶりの1日の最大上昇幅となり、これはハンセン指数を最大で416ポイント上昇させ、高値23803ポイントに達した。

上昇するマーケットの中で、併せて49件の牛熊證(Callable bull/bear contract / CBBC)が強制クローズされ、その中で大部分がハンセン指数熊證であり、41件を占め、残りにハンセン指数牛證も3件あった。中国移動(0941 チャイナモバイル China Mobile Ltd)や友邦保険(1299 AIA Group Ltd)と恒生中國企業指數(國企指數)の熊證もターゲットに達しました。恒生ハンセン指数ワラント出来高は顕著に増加し、21.9億香港ドルとなった。香港株式市場がこの上昇相場を維持するかどうかは昨日のパフォーマンスを見るだけは分からず、この先数日の取引の様子を見る必要がある。もし、23700ポイントにある比較的大きな抵抗線を突破すれば、出来高の増加と伴い、恒生ハンセン指数の上昇相場を形成していくと思われる。

この他、中国国家工業・信息化部(工信部)が新燃料自動車に対して、補助金を提供することを表明し、自動車関連銘柄が上昇、広州汽車集団(2238 Guangzhou Automobile Group Co Ltd)、BYD(1211 比亞迪 BYD Co Ltd)が各々4.5%、3.5%上昇した。

マーケットが好調な中、マカオカジノ銘柄が取り残された。マカオの6月度のカジノ収入はここ5年で一番の下落を記録し、7月度のカジノ収入も昨年比3〜4%下落、285億から290億香港ドルまで下落するとみられており、マカオカジノ銘柄の重しとなり、マーケット全体とは逆方向へと向かった。

ギャラクシー、サンズ、MGMは抵抗

シティバンクのレポートでは、マカオの7月度のカジノ収入予測を引き下げ、昨年比3%下落し、285億香港ドルになると見ている。その原因は、マカオ7月度の当初20日のカジノ収入が約168億香港ドルで、ここ1週間の一日あたりカジノ収入が約8.37億パタカとなり、前週よりも低下している。マカオカジノ銘柄は好調な市場に反して下落し、英皇娯楽酒店(0296 エンペラー Emperor Entertainment Hotel Ltd)は3%、新濠博亜(6883 メルコクラウン Melco Crown Entertainment Ltd)は1.5%、澳門励駿創建(1680 Macau Legend Development Ltd)と新濠国際(0200 メルコ Melco International Development Ltd)は共に0.6%下落した。この他の銀河娯楽(0027 ギャラクシー Galaxy Entertainment Group Ltd)、金沙中国(1928 サンズ Sands China Ltd)、美高梅中国(2282 MGM China Holdings Ltd)は下落せず、株価を維持した。

香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座