「滬港通」がまもなく開始 手数料や税金はどうなってるの? - 香港カラフルFP

Home »  マーケット・ニュース »  「滬港通」がまもなく開始 手数料や税金はどうなってるの?

「滬港通」がまもなく開始 手数料や税金はどうなってるの?

上海・香港間で互いの上場株式に対する直接投資を相互に認める制度「滬港通」(上海・香港ストックコネクト)が10月に開始し、香港の投資家が直接に上海A株に投資を行えるようになる。中国と香港における取引時間や取引ルールに違いがあり、投資家としては開始前にその運用がどのようになされるのかを具体的に理解し、A株売買における手数料や税金について知っておく必要がある。

「滬港通」により、香港と海外の投資家は、香港から上海A株に投資を行うことが出来るようになる。現在の大部分の証券会社の証券口座は一つの口座で、香港株式市場とアメリカといった海外株式市場に投資を行うことが出来る。「滬港通」開始後、投資家は同じ証券口座で上海A株を売買することが出来、新たに別の証券口座を開設する必要はない。

多通貨を扱う証券口座 為替レートに留意

「滬港通」の取引と精算は人民元で行われ、投資家は証券会社を通して、香港ドルを人民元に両替することになる。証券会社では人民元の両替上限は設けず、為替レートも香港の銀行と同様となるのが大多数となろう。投資家は事前に証券会社に対して、取引日の人民元為替レートを照会し、その証券会社で両替するか、別で両替するかを決めることが出来る。

「滬港通」で香港の投資家がA株H株を両方とも発行している企業以外の上海A株にも投資することが出来るが、現時点では香港の投資家が最も興味を持っているのは、H株も発行している企業の上海A株であろう。その主要要因は、上海A株がまだH株に対して割安であることにある。香港証券取引所(0388)によると、今年4月10日までで、「滬港通」に適するA株H株を両方とも発行している企業は約66銘柄となっている。しかし、もし、それらの上海A株が一旦リスク警報がなされると、または、そのA株に関連するH株が香港で上場廃止となると、「滬港通」での買入は停止となり、売却のみ可能となる。

価格に制限が課される

上海A株が対応するH株に対して割安となっているとしても、投資を行う前にA株の取引手数料と税金について明らかにしておく必要がある。現在の上海A株市場では、手数料 0.00696%、証券管理費 0.002%、登録料 0.06%、売方負担の取引印紙税 0.1%等といった費用が必要となり、香港の投資家が新しい中央決済システムで費用支払いを行うのか、配当や譲渡益に係る税金など、まだ当局からの詳細発表を待つ必要がある。

「滬港通」で香港の証券会社を通して上海A株を売買するには、香港の投資家は香港の証券会社に対して手数料を支払う必要がある。この他、香港の証券会社では香港の投資家に対して、マージン・サービスを提供しており、そのコミッションやマージン倍率等については、証券会社において、まだ案内が出来ない旨を表明している。

この他に、「滬港通」で買付けた上海A株に対して、直ぐに取引を行うことが出来ない。香港と海外投資家は上海A株を買付けた後、その1取引日後か、その後にようやく売却を行うことが出来る。また、上海証券取引所では価格制限を実施している。一般的には、前日の取引価格のプラスマイナス10%を超えないとするものである。もし、A株が1日で10%以上の上下をすると、取引停止となる。この価格制限の上限下限は1日の間に変更されることはない。投資家においては、A株の買入、または売出し下か烏を設定する際に、価格制限内にあることに注意をしないといけない。また、上海A株は上海証券取引所の取引時間でのみ売買できることにも留意が必要である。

「滬港通」取引費用と税金

項目 費用比率 徴収元
手数料 売買双方とも取引金額の0.00696% 上海証券取引所
証券管理費 売買双方とも取引金額の0.002% 中国証券監督管理委員会
登録料 売買双方とも取引金額の0.06% 中国結算
取引印紙税 売方のみ取引金額の0.1% 中国国家税務総局
※システム利用料、配当・譲渡益に対する税金等に関する更なる通知が待たれる

「滬港通」取引日について

中国 香港 「滬港通」取引可否
第1日 営業日 営業日
第2日 営業日 営業日 不可
決済日に香港株式市場が休市の為
第3日 営業日 休日 不可
香港株式市場が休市の為
第4日 休日 営業日 不可
上海株式市場が休市の為

「滬港通」取引について

「滬港通」で取引出来る銘柄数 568 *
取引時間 プレオープニング・セッション 09:15-09:25
前場 09:30-11:30
後場 13:00-15:00
いづれの取引セッションも開始前5分前から注文受付開始
決済・引渡 株式引渡:取引日
株式引渡:翌取引日
取引・決済通貨 人民元
価格制限 前日終値の上下10%を超えない
この価格制限を超える注文は受付けられない
※2014年4月10日までのデータによる
香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座