低変動の株式を選んで守りつつも攻める投資 - 香港カラフルFP

Home »  マーケット・ニュース »  低変動の株式を選んで守りつつも攻める投資

低変動の株式を選んで守りつつも攻める投資

ここ数ヶ月にわたり、株式市場は変動が大きくなっており、アメリカの利上げ時期と世界経済の見通しにマーケットが懸念を持つようになり地政学的リスク等もあり、株式市場の変動が増加してきている。世界に目を向け、変動が比較的少ない株式に集中し、リスク分散し、より良いリスク分散と投資資本の保護を行っていきたい。

米連邦準備理事会(FRB)は早くも今年1月から債券買入を減らし始め、金融市場政策の撤退を始めた。しかし、マーケットでもアメリカがいつ利上げを始めるのかについては見方が分かれている。米連邦準備理事会(FRB)が先月に連邦公開市場委員会を開催した後に、債券買入れプランを終了後も一定の長期間において低金利を維持することを発表した。また、来年末におけるフェデラル・ファンド金利(FF金利)の中間値の予測は、6月時点での僅か1.125%から1.375%に上方修正された。これにより、より多くの人がアメリカが現在の極めて低い利息水準を予測よりも早く抜け出すと考えている。

アメリカは来年に利上げサイクルに入ったと見て投資家は準備を始めている。アメリカ株式市場は先月一時差高値を更新した後に下落した。スタンダード・アンド・プアーズ500指数は単月で1.55%下落、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスは9月度に更に大きく3.41%下落した。これにより、今年年初からの上昇幅は2.03%にまで収縮し、マーケットの変動は上昇し始めた。

現在の繰り返されるマーケットの状況に面し、世界経済の回復ペースが鈍化する中において、投資機会をつかみ、同時に投資リスクも引き下げる必要がある。安定した収益目標を達成するのは、ある程度の難しさはある。利率が正常化に向かう時間が到来し、株式の見通しがまだ比較的良い状態にあることを考慮すると、投資ポートフォリを再び構築する中において、上述の投資目標を実践出来る機会は多いにある。

簡単に言うと、投資家は目を大きく開いて、世界と新興国市場の株式を見て、価値と質のフィルタにかけて、最も良い株式投資のチャンスを探すべきである。また、変動を低くする戦略を採り、理想的な収益を提供し続けれる低変動の優良株を選択することも必要である。そして、投資ポートフォリオで変動を低く出来る構造的な特性を確保し、資本の安定性と安定した収入を追求すべきである。

低変動投資戦略の優位点は、リスクと変動が低い株式に投資を行うことを通して、投資家は資本に対する保障を得ることが出来、その他に資本価値上昇の機会も享受することが出来る。多くの学術研究で既に示されているように、低変動の株式はマーケットが下落する期間において、資本を保持する高い能力を有している。これにより、長期投資のリターンは、往々にして、高変動の株式よりも良い結果を残す結果となっている。MSCIオール・カントリー・ワールド低変動インデックスとMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスを今年8月までのデータで見ると、長期的に見ると、低変動指数が勝っており、リターンが高いだけではなく、調整時の下げ幅も比較して低くなっている。

下落に抵抗する能力が高い他に、低変動株式においても安定して高い配当を提供する株式が多く存在する。変動が低く株式は、一般的に配当が大きく、また安定もしており、現金も十分有し、利益成長の潜在力も兼ね備えている。その為、その銘柄が低値に差し掛かると投資家が買入を直ぐに行う。このような株式に絞り込むと、長期的に配当収入を得る助けとなり、将来の配当収入が更なる保障をもたらしてくれる。

配当が大きい優良株を選び採る

低変動の投資戦略を採ると同時に、カバードコールオプションを時期を見て採ることで、毎月の収入を増やすことも出来る。株式は昨年既に2桁のリターンを記録しており、今年の再び上昇すると見られている。しかし、その動きは昨年には及ばないと見られている。この環境化では、低変動株式を長期投資として保有し、インデックス指数で短期のカバードコールオプションを採り、権利行使時期に指数が講師水準よりも低ければオプション・プレミアムを獲得し、追加の収益を上げることができる。

香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座