世界的な地球温暖対策への取組みで資源再生関連は株式市場の勝者になるか - 香港カラフルFP

Home »  マーケット・ニュース »  世界的な地球温暖対策への取組みで資源再生関連は株式市場の勝者になるか

世界的な地球温暖対策への取組みで資源再生関連は株式市場の勝者になるか

地球温暖化の傾向はますます顕著であり、人類が生きて行く環境に影響を与えるだけではなく、世界中の政策トピックであり、新たな投資テーマとなっている。その中でも資源再生プロジェクト等のインフラ関連の再建と株式は留意しておきたい。

気候変動とは、自然や人間活動を原因に、時間とともに気候変動することを指します。多くの気候変動の中で、地球温暖化は水資源、生態系、農業、食糧生産などの多方面にわたり、負の影響を深くもたらすため、最も関心を寄せる必要があります。

今年9月のデータによると、1880年から現在までで、陸地と海面の平均温度がすでに0.88℃上昇しており、過去10年間の上昇が特に顕著となっている。

低炭素排出企業は長期的にかなり有望か

地球温暖化に対処するためには、二酸化炭素排出量を削減することが不可欠です。

各国政府は既に排出削減目標を打ち立て、各種政策や規制を策定しました。そのため、多くの業界はその影響を受け、このようにして形成された規制リスクにより、投資リターンのパフォーマンスを左右する主な要因の一つになってきています。

理論上、気候変動関連の規制の影響を受ける企業は、新たな規制要件を満たすために、インフラへの投資を増やす必要があります。あるいは、高コストな低炭素エネルギーを使用する必要があり、企業のコストは必然的に増加し、全体の営業利益を引き下げます。最悪の場合には、巨額の資本損失となる可能性があります。

気候変動リスクの影響を受けやすい企業の株価においても、まだ明らかな評価の引下げを見ることはありません。しかし、投資マーケットが気候リスク要因の重要性を認識するにつれ、状況が変わる可能性もあります。逆に、低炭素排出企業に属する企業は、長期的には株価にプレミアムが付けられるかもしれません。

低炭素世界経済への段階的移行を見ると、投資ポートフォリオから気候変動リスクを含む投資を徐々に減らしている投資家もいます。また、エネルギー効率とクリーン技術を有する再生可能エネルギー企業を通して、投資ポートフォリオにおいて、気候変動リスクを避けようとする投資家もいます。

この環境において、再生可能エネルギーのインフラプロジェクトに関する債券や株式は、恩恵を受けることができます。また、エネルギー効率とクリーン技術に特化する個々の企業も期待がもてます。
同時に、環境・社会・ガバナンスに優れた企業も、迅速に市場動向・規制リスクに対応する能力を有しており、迎える低炭素経済において、良い投資オプションと言えます。

中国とインドは当初のロスから最後は利益創出へ

また、中国やインドなどの化石燃料輸入国は、再生可能エネルギープロジェクトへの投資を増やす必要があります。これらの国々が効果的に低炭素排出政策を実行すれば、気候変動の緩和する過程において、勝者となる機会を有しています。

一方、石油産業とエネルギー輸出国は、低炭素経済においては必然的に敗者になると考えられます。しかし、世界の排出量削減プロセスは、徐々に行われるものであり、化石燃料はエネルギー・インフラに今後数十年間で一定の位置を占めると予想されます。

香港カラフルFP
さあ、自分年金をはじめよう!
今日から始める海外投資講座