セルインメイ - 香港カラフルFP

投資・金融用語集 投資・金融用語集Financial Words

セルインメイ - セルインメイ / Sell in May

「セルインメイ Sell in May」とは有名なアメリカの相場格言で、文字通り、「5月にポジションを売り払うように!」という内容で、5月は他の月と比べて相場が軟調となり、「売り」が出易いという状況を反映するものとなっています。

また、「セルインメイ Sell in May」というだけではなく、「Sell in May and go away. Don’t come back till St Leger Day.」という長文バージョンもあり、「5月に売払い、9月の半ばまで相場から離れよ」という内容となっています。ちなみに、St Leger Day セント・レジャー・デーとは9月の第2土曜日だそうです。

セルインメイと呼ばれる理由

なぜ、セルインメイと、そのように言われるのでしょうか?
その理由にはいくつかあります。

まず1つ目は、ヘッジファンドの決算が5月にあることです。
5月、11月にヘッジファンドの決算が集中しています。その調整によって、売りが出やすいということが挙げられます。

2つ目は、夏期休暇です。
欧米では6月から10月までが夏季休暇のシーズンとなっており、この期間はマーケット参加者が減少することが挙げられます。

« 投資・金融用語集一覧ページへ戻る