格付 - 香港カラフルFP

投資・金融用語集 投資・金融用語集Financial Words

格付 - かくづけ / Rating

格付けとは、資金調達を行う国や地方政府、銀行、保険会社や一般企業が発行する債券の信用力や保険支払能力などを格付機関(格付会社)が専門的な調査を行い、総合的に分析し、ランク付けされたもので、アルファベット等の分かり易い記号を使って示されます。格付判断の基準には、キャッシュフローのレベル、現預金や短期有価証券等の金額などが用いられます。

格付は投資をする際において、信用リスクを測る重要な指標のひとつとして参考にします。

格付機関(格付会社)は、公正な第三者として格付を行い。その代表的な会社としては、Moody’s (ムーディーズ)、S&P (スタンダード&プアーズ)、Fitch Ratings (フィッチ) が挙げられます。

格付の読み方

格付会社各社が公表する格付は、アルファベットなどの記号で示され、また、各社で微妙に表現方法が異なっており、少し分かり難くなっています。このスコアの読み方について、見ていきたいと思います。

Moody’s S&P
投資適格で安定的
Aaa AAA 最高に安全。最上位の財務力格付であり、債務履行を行う能力が極めて高い
Aa AA 高い格付、高い信用品質。最上位のAa、AAとの差は小さく、債務履行を行う能力は非常に高い
A A 中上位の格付。債務履行の能力は高いが、上位の格付に比較して、事業環境悪化時にその影響をやや受け易い
Baa BBB 中下位の格付。債務履行の能力は良好であるが、上位の格付に比較して、事業環境悪化時にその影響を受け易い
投機的
Ba BB 低い格付、投機的。債務履行能力が限定的。事業環境悪化時に能力不十分となる可能性
B B 高く投機的。債務履行能力が弱い。事業環境悪化時に能力が損なわれるなる高い可能性
Caa CCC 大きなリスク。債務履行能力が非常に弱い。債務履行は良好な事業環境に依存
Ca CC デフォルトになりえる、とても投機的。債務履行能力が極めて弱い。債務履行の全ては履行できない高い可能性
C C 極めて投機的
CI 利息支払の無い債券
D デフォルト

上記の表で見るように、投資において、保険に加入する場合、投資適格である保険会社を選ぶことが大切です。
少なくとも「Baa / BBB」以上ですが、出来れば「A」以上の格付を持つ保険会社のプランを選びましょう。。

保険会社の格付を比較

格付 (S&P)
投資適格 投機的
AAA AA A BBB BB B CCC CC C CI D
香港の
代表的な
保険会社
サン・ライフ
SUN Life
AA-
スタンダード・ライフ
Standard Life
A+
アジアス
Ageas
BBB-
日本の
代表的な
保険会社
日本生命 A+
第一生命 A
三井生命 BBB-
日本国債 AA-
米国債 AA+
« 投資・金融用語集一覧ページへ戻る