NISA - 日本版ISA 日本版少額投資非課税制度 - 香港カラフルFP

投資・金融用語集 投資・金融用語集Financial Words

NISA – 日本版ISA 日本版少額投資非課税制度 - にほんばんしょうがくとうしひかぜいせいど / NISA

NISA(少額投資非課税制度)は2014年1月1日から導入された新しい証券優遇制度で、上場株式や株式投資信託等にかかる税金が非課税となります、
イギリスの個人貯蓄口座 ISA (Individual Savings Account) を参考にした制度で、日本版ISAということでNISAという名称となっています。

NISAは金融機関にて通常の取引口座とは別に「少額投資非課税口座」を開設することで利用することが出来ます。この非課税口座には、毎年100万円を上限に上場株式や株式投資信託等に投資することが出来ます。その投資は1度に100万円行うことも出来ますし、数回に分割して、数十万円づつ投資することも出来ます。

投資を行った年から5年目の年末までは配当金や分配金は非課税となり、また、5年目の年末までに売却すると、その売却益にかかる税金も非課税となります。しかし一旦、売却してしまうと、売却部分の非課税投資枠を再利用することは出来ません。

上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等に対する税率が10%という軽減税率が適用されていました。しかし、この軽減税率は2013年12月末をもって廃止となり、2014年1月からは20%(復興特別所得税を含むと20.315%)に戻り、引き上げられることになりました。この軽減税率廃止に伴って投資が落ち込むことを抑える為に、新たな証券優遇税制NISAが設けられました。

【参考サイト】
国税庁 NISAに関する情報 http://www.nta.go.jp/gensen/nisa/

« 投資・金融用語集一覧ページへ戻る