SWIFTコード - 香港カラフルFP

投資・金融用語集 投資・金融用語集Financial Words

SWIFTコード - スウィフトコード / Swift Code

SWIFTコードとは、金融機関間の通信ネットワーク運営を行うSWIFT(国際銀行間通信協会 Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)が登録を扱う金融機関識別コード。

国際送金システムにおいて、世界各地の銀行を相手方銀行として特定する為に用いられる。その為、銀行間の国際送金において利用されている。また、国際標準化機構(ISO)によってISO 9362として承認されて標準書式となっている。

SWIFTコードという名称の他、SWIFTアドレス、BICコード(金融機関識別コード Bank Identifier Code)としても知られている。

SWIFTコードを使うメリット

国際送金を行う際に、送金先銀行をSWIFTコードを使用して指定することで、送金処理がより確実、迅速になり、相手先銀行口座への着金が早くなる。

SWIFTコードの確認方法

国際送金で送金先のSWIFTコードを調べたい場合は、下記のURLからデータを取得することが出来る。
SWIFT – BICポータル https://www2.swift.com/directories/

SWIFTコードの構成

SWIFTコードは、8桁または11桁のアルファベットと数字で以下のように構成されている。
4文字:金融機関コード
2文字:ISO国名略号
2文字:所在地コード
3文字:支店コード

例えば、香港上海銀行の香港にある本支店へ送金する場合のSWIFTコードは、「HSBCHKHHHKH 」となっている。
このSWIFTコードは、以下の内容を示している。

金融機関コード 4文字 HSBC HONGKONG AND SHANGHAI BANKING CORPORATION LIMITED, THE
ISO国名略号 2文字 HH HONG KONG
所在地コード 3文字 HH HONG KONG
支店コード 3文字 HKH ALL HK OFFICES AND HEAD OFFICE

SWIFTコードと類似しているコード

SWIFTアドレス SWIFTコードと同じ
BICコード
ABAコード アメリカ合衆国で用いられる。
米国の銀行間や米国の銀行宛の送金時に主に用いられる
IBANコード 主にヨーロッパで用いられる。
「International Bank Account Number」の略名。
« 投資・金融用語集一覧ページへ戻る